スポンサードリンク

2011年08月22日

813系 JR九州 vol.1

みなさまはじめまして!
ここではJR九州の鉄道ネタを書いていきます。

今回はJR九州の主力普通電車、813系電車について記していきます。

813系電車は、九州旅客鉄道(JR九州)の交流近郊形電車です。
421系・423系や715系など、日本国有鉄道(国鉄)から承継した近郊形電車の取替えを目的として1994年(平成6年)3月から製造されています。
九州北部向けの近郊形車両として811系に代わって増備され、811系と併用することを前提としていますが、JR九州としては初のVVVFインバータ制御(東芝製GTOサイリスタ素子)が採用されたほか、車両デザインを水戸岡鋭治率いるドーンデザイン研究所が手掛けたため、外観・車内・搭載機器ともに811系から大幅な変更がなされました。
また、長期にわたって製造されていることから、製造年によって細部が異なっています。

この813系電車ですが、現在も増備を続けており、最初の製造年から15年近く経過しながら新たな製造も続く、息の長い車両です。
それだけ813系電車のコンセプトとデザインが秀逸であるということがうかがえますねるんるん



【鉄道模型・Nゲージ】カトー 813系200番台3両セットぴかぴか(新しい)


posted by 鉄道で旅に出よう at 10:21| 813系 JR九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
JR九州の鉄道車両大図鑑
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。