スポンサードリンク

2011年08月26日

813系 JR九州 vol.3

今回はJR九州の主力普通電車、813系電車について記していきます。

車体はビードプレス処理の軽量ステンレス製で、片側3箇所に両開き客用扉が設置されています。
停車中は、扉の選択開閉(ドアカット)が可能。

窓配置は811系と同じく扉間3枚ですが、開閉可能な窓(下降式)は扉間の中央にある窓と車端部の窓のみで、その他は固定窓となっています。

車体の大部分は無塗装ですが、811系と異なり、扉は室内・室外とも赤色(福北ゆたか線用車両は、100・200番台が表:銀色・裏:赤色、500番台が裏表とも銀色)に塗装されています。

また、ドーンデザイン研究所がデザインしたJR九州車両に共通的な特徴として、車体側面にロゴ文字が入り、車両番号表記は1文字ずつ正方形の枠で囲っているスタイルとされています。

前頭部は普通鋼製で、縁と幌枠及び歩み板は側面扉と同じ赤色(福北ゆたか線用車両は銀色)に塗装されています。ちなみに、前頭部の他の部分は黒色になっています。

前面には貫通扉が設けられています。
非常用の位置づけであった811系と異なり貫通扉を常用する構造になっており、貫通幌および幌枠、歩み板などを装備しています。

同様に貫通扉を常用とする815系や817系と連結する際には各編成間の貫通が可能ですが、非常用の811系編成と連結する際は貫通とはなりません。



KATO 813系200番台 3両セットぴかぴか(新しい)


posted by 鉄道で旅に出よう at 20:00| 813系 JR九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
JR九州の鉄道車両大図鑑
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。