スポンサードリンク

2011年08月26日

811系 JR九州 vol.3

今回はJR九州の主力普通電車、811系電車について記していきます。

今回は番台区分についてです。


0番台
基本番台となります。
車両両端部以外の座席がすべて転換クロスシートになっています。
1992年(平成4年)までにP1 - P17の4両編成17本が製造されましたが、P2編成は2002年(平成14年)に列車衝突事故により電動車2両が大破し、復旧されることなく制御車・付随車も含めてすべて廃車されました。
九州鉄道記念館にある本系列の運転シミュレーターは、この事故の廃車体を流用しています。


100番台
1992年7月15日のダイヤ改正を前に製造されたマイナーチェンジ車です。
扉寄りにある座席が固定式となったことで扉周辺の空間が拡がり立席定員が増加しましたが、座席数は変更されていません。
またつり革も増設され、0番台より座席の厚みが薄くなりました。
同改正までにP101 - P109の4両編成9本が製造され、1993年(平成5年)3月18日ダイヤ改正前にP110, P111の4両編成2本がさらに増備されました。


サハ811形200番台
サハ811形のみの番台区分で、201, 202の2両が存在しています。
団体臨時列車や臨時急行列車などの長距離運用に使用することを考慮してトイレを設置した関係で座席定員は52名に減っていますが、その他の構造は他車と同一です。
201はP105編成、202はP106編成に組み込まれ、この2本はクハ810形と合わせて編成中に2箇所のトイレを有しています。



811系 0番台 前面緑帯 4両セットぴかぴか(新しい)


posted by 鉄道で旅に出よう at 22:04| 811系 JR九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
JR九州の鉄道車両大図鑑
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。