スポンサードリンク

2011年09月04日

813系 JR九州 vol.6

今回はJR九州の主力普通電車、813系電車について記していきます。
今回も番台区分について見ていきます。

100番台(2 - 4次車)

421系の残りの車両と、長崎本線・佐世保線などで使用されていた715系の置き換えを目的として1995年(平成7年)から1996年(平成8年)にかけて製造されたグループです。
3両編成を組むため、本番台では新形式サハ813形が登場しました。
製造当初は全編成が南福岡電車区(当時)に配置されました。

3両固定編成のR101 - R113編成が製造され、続いて2両固定編成のR014 - R019編成が製造されました。
本番台では、扉寄りの座席が固定クロスシートになり扉周辺の空間が広がった結果、立席定員が増加しました。

車体側面、運転台窓下のスリット状の飾り部分はステッカー貼付のみで実際には凹んでおらず、運転台屋根上の赤と黒の境界の溝状の凹みも2次車であるR107編成までで、3次車のR108編成以降は溝が省略されています。

R014 - R019編成は2001年(平成13年)、座席をロングシートとした付随車サハ813形500番台を組み込んで3両編成とされ、同時に車外スピーカー設置や客用扉窓の500番台同等仕様とする改造、塗装変更が行われ、全車が福北ゆたか線仕様になり、同年の電化にあわせて筑豊篠栗鉄道事業部に転属しましたが、3両編成化後も編成番号は従来と同じです。

福北ゆたか線では2007年(平成19年)3月18日のダイヤ改正より3両編成列車においてもワンマン運転を開始したため、この6本にもワンマン運転対応工事が施工されました。


カトー/KATO 813系200番台 福北ゆたか線 3両セットぴかぴか(新しい)


posted by 鉄道で旅に出よう at 19:30| 813系 JR九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
JR九州の鉄道車両大図鑑
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。